戸田市広報番組【ふれあい戸田】取材

【ふれあい戸田】「みんな知ってよ!戸田の保育」~こちら、保育の現場から~2019年7月

よつば保育園で働く保育士が戸田市の取材を受けました。
戸田市の広報動画に登場します。4分35秒あたりからです。ぜひぜひご覧ください。
【ふれあい戸田】「みんな知ってよ!戸田の保育」~こちら、保育の現場から~2019年7月

むつみ保育園運動会延期のお知らせ

運動会延期のお知らせ

みなさまが楽しみにしていたむつみ保育園の運動会ですが、大型台風接近のため、延期となりました。
新しい予定は、次の通りです。改めて、ご参加・ご声援の程、どうぞよろしくお願いいたします。

日 程:令和1年11月3日(日)
時 間:午前 9:30~
場 所:新曽北小学校体育館

衣類バンクへの登録(よつば保育園)

子どもの衣類を届けます

よつば保育園では、衣類バンクに登録しています。

  • 不要な新品の衣類をご寄附いただいています。
  • 経済的な事情のある方に、ご寄附いただいた衣類を提供します。

詳しくは、こちら(法人内リンク)

【関連記事】埼玉県政ニュース「衣類を支援する新たな事業を開始 社会福祉法人が県域で行う全国初の試み・衣類バンク」(外部リンク)

【お問い合わせ先】社会福祉法人むつみ会 よつば保育園

電話:048-446-4638(担当:園長 阿部)

学習ボランティアの記事掲載ほか

学習支援L-Cafeのボランティアさんが取材を受けました。

戸田市ボランティア・市民活動支援センター様より、弊会でご活動いただく学習ボランティアの方々への取材がありました。同センター施設長様のご了承を得て、インタビュー記事の抜粋を掲載いたします。(PDFファイルあり)

『戸田市ボランティア・市民活動支援センターTOMATO通信 2019年8月・9月号』

【学習支援L-Cafe】

戸田市より委託を受け、新曽地区にて学習支援事業を行っています。高校生~社会人まで幅広い年代の方が、ボランティアとして活躍中!

Q1.ボランティアを始めたきっかけは?

・将来教師を目指している。
・知り合いに声をかけられて。
・子どもに勉強を教えることが好き。

Q2.やりがいを感じている事、良かった事は?

・生徒の「分かったような様子」や「表情」が見られるとうれしい。
・一生懸命接した分、相手も返してくれるので、うれしい。

Q3.大変だと感じた事は?

・相手の心を聞くこと。
・理解してもらう為の説明や言葉選び。
・集中力が続かない子ども達がいたら、いかに勉強に振り向かせるか。

Q4.活動の中で、大切にしている事は?

・相手の目を見て、よく聞くこと。
・子ども達に寄り添って、子ども達の気持ちを大切にできたら良いと思う。

学習支援インタビュー記事(抜粋).pdf

学習支援ボランティア養成講座(全2回)が開催されました。

戸田市ボランティア・市民活動支援センターTOMTO様主催の「学習支援ボランティア養成講座」にて、市内で学習支援を行っている3団体が招かれ、市民の方に学習支援についてご案内させていただきました。

戸田市内では、いくつかの団体が地域の子どもたちに対して、学習支援を行っております。第一回目(2019/6/15)は、むつみ会(学習支援L-Cafe)、NPO法人オリーブアゴラさん(学童教室オリーブを運営)、ボランティア団体ひなたぼっこさん(学習支援と子ども食堂を実施)が登壇し、子どもの貧困、学習支援、子ども食堂などの取り組みを紹介し、それぞれの活動への想いを語りました。第二回目(2019/6/29)は、弊会職員がコミュニケーションスキルについてのグループワークを行い、子どもと接するときのポイントについて、参加者の方と共有しました。

寄附金用銀行口座の開設

ご寄附用の専用口座のご案内

日頃より、むつみ会へのご支援ご協力を賜り、お礼申し上げます。この度、ご寄附用の専用口座を設けましたので、ご利用いただけましたら幸いです。税制上の優遇措置がございますので、併せて、下記リンクよりご確認のほどお願いいたします。

振替口座 00230-8-106596 社会福祉法人むつみ会
銀行口座 ゆうちょ銀行 029店 当座 0106596

【リンク】ご寄附のお願い

雑誌への掲載(弊会母子生活支援施設)

2019.3.15 金子書房『児童心理』に母子生活支援施設の記事が掲載されました。

弊会職員の寄稿した記事が雑誌に掲載されました。母子世帯の方や教員など関係機関の方にお読みいただきやすい内容です。
ぜひぜひ、ご購読ください。

金子書房『児童心理』特集:子どもが信頼する先生 2019年3月号(2019年2月12日発売、第73号)本体848円+税
p.116~p.122 「学校外の子どもの今 母子家庭を支える母子生活支援施設から」
【小見出し】母子生活支援施設での暮らし/母子生活支援施設の利用について/もし周りに誰もいなかったら助けも呼べない/子どもが自分でできるように教えてくれた/あのときもっと甘えてもよかったかな/小・中学生への行事と学習を通じた支援/見学し「百聞は一見に如かず」と思った/施設ではわからないと言えるのに学校では言えない/母子生活支援施設の可能性を必要な人に届けたい

㈱金子書房様ホームページへのリンク
http://www.kanekoshobo.co.jp/book/b436737.html

なお、1947年創刊の『児童心理』は、本号をもちまして休刊となるそうです。
http://www.kanekoshobo.co.jp/news/n28080.html

多様な働き方実践企業(ゴールド)認定

2018.10.1 「男女がともにいきいきと働ける職場環境づくりに取り組む企業」に認定されました

多様な働き方実践企業認定制度について
この制度は、男女がともにいきいきと働ける職場環境づくりに取り組む多様な働き方を実践している企業等を埼玉県が認定するものです。
県は、仕事と子育て等の両立を支援するため、短時間勤務やフレックスタイムなど、基準を満たす企業等を認定し、働きやすい企業として、ホームページ等で広く紹介しています。
リンク 埼玉県「多様な働き方企業認定制度とは」

参考 埼玉版ウーマノミクスサイト ホームページより

リンク むつみ会の認定ページ

認定企業数(平成30年10月現在) 2643 社
★6つの認定基準★ 【参考:むつみ会の場合】
(1)女性が多様な働き方を選べる企業
【短時間勤務制度、所定外労働の免除、終始業時間の繰上げ下げ】
(2)法定義務を上回る短時間勤務制度等が職場に定着している企業【該当なし】
(3)出産した女性が現に働き続けている企業
【出産した情勢従業員の継続就業率50%以上】
(4)女性管理職が活躍している企業
【管理職(役員含む)女性の割合10%以上】
(5)男性社員の子育て支援等を積極的に行っている企業
【時間単位の有給休暇の整備、法を上回る介護休暇等の整備】
(6)取組姿勢を明確にしている企業【該当する】

<社会福祉法人むつみ会情報>

認定区分 ゴールド
認定年月日 2018/10/01
運営施設 母子生活支援施設むつみ荘よつば保育園むつみ保育園むつみ学童クラブむつみ学習支援センター病児保育室きらら

学童・学習支援員募集(非常勤職員)

2019.8.8 学習支援と学童保育をしてくださる職員を募集します。

福祉と教育の両方に関心のある方におすすめ

むつみ会では、多忙やご病気のご家庭で育つ子どもたちのために、学習支援や学童保育を行っています。学ぶこと、遊ぶことを通じて、自尊心や自立を支援しています。子どもの生活全体をサポートするためには、学習、遊びだけでなく、おやつ、清掃、記録、地域連携などの裏方仕事も大切です。一緒にサポートしませんか。採用面接希望の方は、履歴書等を法人本部までお送り下さい。

お問い合わせ先 むつみ会 048-445-6787(理事長 永塚、支援主任 酒井)

学習ボランティア募集(学生の方へ)

2019.8.8 学習ボランティア募集

学生の方へ 「学習ボランティア」を募集しています。

戸田市の委託を受け、ひとり親家庭等の理由で「学習の機会の少ない児童」に対し「学習支援」の場を運営しております。

小学校1年生から、中学3年生(受験生)までの児童が勉強に来ています。
生徒たちが笑顔になれるよう、学習の先生として寄り添っていただければ幸いです。詳しくは、次のリンクをご参照ください。
教員、保育士、社会福祉士、公認心理師などを目指す学生だけでなく、「人の役に立ちたい」と思う様々な学科の学生にご活躍いただいています。

活動場所 埼玉県戸田市新曽1375-2(JR戸田駅徒歩8分)
活動時間 毎週 土曜日 午後2~4時 他(平日午後6時~9時)
お問合せ 048-445-6787(担当:酒井・金子)