子どもたちへの想い

子どもたちへの想い

むつみ保育園 園長 矢沢利恵

1歳~5歳は、その後の成長の基となる大切な時期です。保育園にかよう子どもたちは、生活の大半を保育園で過ごすことになりますので、家庭のようなぬくもりの中で育てる事を大切にしています。

少人数保育の特徴を活かし、子どもひとり一人を大切に見守り、考える力・情緒の豊かさ・健やかな身体・命への尊さに働きかけるとともに集団でも様々な体験が出来る様、配慮し、その子の個性を伸ばす保育をめざします。

また、ご家庭との連絡・連携を密にさせていただき、保護者の方と保育園が支えあいながら、子どもの育ちをサポートします。

子育ての大変さ・喜び・幸せをぜひ、共有させて下さい。
共に声をかけあいながら、子どもの成長を見守っていきましょう。

むつみ保育園園長 矢沢 利恵

保育の様子

★体操教室★

発達段階に応じた運動を、月2回河合体操教室の専任講師が指導します。縄跳び、鉄棒、跳び箱など運動好きな子どもになってもらいたいと願います。

★英語教室★

ラボ・パーティーの専任講師が週1回英語の歌遊びや劇遊び、工作等を指導します。子どもたちは、英語に耳で慣れていきます。

★食育★

生きることは食べる事。『食』に興味を持てるよう、野菜を育てたり、お弁当を詰めたり、四季折々の行事に合わせたクッキングをしています。

★コーナー保育★

興味ある遊びを自分が選んで、参加する=主体性を育てる保育が『コーナー保育』です。